ウレタン防水の施工写真♪

こんにちは。
今回、施工しましたM氏邸のウレタン防水の施工事例を紹介します。
分かりやすいように、施工内容を、大きく3つに分けました。

★高圧洗浄+下地補修
高圧洗浄機を用い、劣化している下地・付着物・汚れの除去を行い、ひび割れ部を補修(Uカット+シーリング充填)。
全体的にサンダー目粗し(次工程のセメント材の付着力を良くするため)

★左官工事(下地調整)
公共工事に使用されている密着度の高いセメントを使用し、施工(規格名 C-2)

★防水工事(ウレタン塗膜防水)
一般的な防水施工法。家主の要望で、厚みをつけて欲しいとのことでしたので、通常より厚めに(2.5㎜程)施工しています。(厚みをつけることで、持ちが良くなります。)

※防水工事をしたあとは、定期的に洗浄を!
屋上の土砂・落ち葉等を放っておくと排水ドレンの詰まりの原因になる場合があります。
排水ドレンが詰まってプールのような状態になると防水の耐用年数は急激に短くなり、
雨漏りの原因になります。